日本全国一緒に旅するカスタムシート

  • LINEで送る

キャスティングシート

バスボート キャスティングシート

いつも使ってるキャスティングシート?
シートと言うのか?背もたれって表現した方がいいような気がします。

座るためでもなく、ずっともたれてる訳でもありません。
不意の引き波などの時は、手で支えるものがあった方がいいですから…

特殊なシート形状

通常のキャスティングシートは写真のように三角形をしてます。
前後に移動する際、体をよじらせながらシート側面を通る形になり、小さなボートほど、通りずらくなります。
一方、この背もたれ状のシートならシートのフラット面に沿って回転し前後への移動が楽になります。
分かりやすく言えば、遊園地などのゲートをくぐるイメージです。

販売していない?

『そのシートいいですね。どこで買ったんですか?』とよく聞かれますが…今はもう売ってないんです。
確か購入したのは、ステージで注文し取り寄せた、ホープボートの商品だと思います。

バックレストチェアー

BMO JAPANから発売されてるバックレストチェアーは購入可能です。
僕のシートが売ってないので、こちらをオススメしています。

いよいよ痛む

気に入ってずっと使用していましたが、シートがひび割れ、破れも出てきました。
同じ物も買えないし…気に入ってるし…どうしよう?

シートカバー

よくバイク屋さんで見かけてたバイクシートの張り替えをヒントに、バイクシートの専門サイトを探し連絡、初めは物が何か分からないので『預かってみます。』と前向きな回答を頂き、イメージの絵を書いて送ってみました。

生まれ変わった!

数日後、荷物が届きワクワクして開けてみると、『おーっ!素晴らしい!』ツートンカラーになっててパイピングもバッチリ!

意地でも修理

長年使ってきたシート、もうひとつ気になっていたのがシートの裏側についてあるボールベースの緩み。
簡単にリベットを打ち直そうと、外すと下側のシート生地がボロボロでぐらついてました。

アルミベースにチェンジ

ボロボロになっていたシート生地をカットし、5mm厚のアルミ板で固定板を作成しバッチリ完成しました。

シートポール

このシートを使うのに通常のキャスティングシートポールでは長過ぎます。
いろんなシートポールを探しましたが、理想のサイズが見つからないので作成。
太さの違うシートポールを加工して作った物も古くなったので、新しいシートに合わせリメイクしました。

スッキリするために

切りっぱなしの結合箇所が不恰好なので、テーパーをつけてポリッシュ加工をしました。

カッティングシート

シートポール自体の色もシートに合わせて、カッティングシートを貼りブラックに変身。

後に分かる

この背もたれシートを張り替えしてもらったのが、実は…あの……
カスタムシートドットジェーピーさんだと、後に分かりました。
こんな昔に話ししてたとは。。。

今では、バス業界でグングン有名になってるメーカーさんです。
◎ ドライシートカバー
◎ バスボートシート張り替え
◎ バスボートシート補修
上記のことで、悩んでいる方は…
是非、相談してみてはどうでしょう。

CUSTOMSEAT.jp
カスタムシートドットジェーピー

https://customseat.jp/

日本全国一緒に

このシートが完成してから、かれこれ5年間ぐらい…日本全国いろんな湖で、いろんなボートに装置し、一緒に旅をしてきました。

今では、超お気に入りの手放せない宝物になってます。

 

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー