新発売パラソルソケット

  • LINEで送る

バスボートパラソルソケット

バスボートにビーチパラソルを差したい!

真夏の強い日差し、バスボートには少しの日陰も無く、、、、。「もう限界だ!」

そんな経験、誰にでもあると思います。

バスボートにはオーニングが無いので逃げ場も無い状態です。せめてビーチパラソルでもボートに挿すことができればと考えたのです。

挿せそうな穴がフロントデッキにはあります。そうだここにパラソルを挿せばバッチリなはず、、、、。

バスボートビーチパラソル

パラソルソケット

キャスティングシートの穴を活用する作戦

早速、パラソルを挿してみると、穴が小さすぎて挿せないんです。結果、NGでした。

もう少し大きな穴が必要でした。キャスティングシートの穴は19Φでした。そこから試行錯誤の末、、、、、、、。

バスボートビーチパラソル

ビーチパラソルを挿せるソケット完成!

こんな感じです。どうでしょう?キャスティングシートの穴に対応したパラソル用ソケット。

パラソルのポールサイズは26mm~29mmに対応しています。不意に突風が吹いてもパラソルが抜けないように、固定用のノブも付いています。

バスボートパラソルソケット

バスボートパラソルソケット

錆びないステンレス製

安価に作るのならスチール製ですが、塗装やメッキ色々悩んだ末、素材はSUS304(ステンレス)を採用、水に濡れても錆びません。

水辺で使いますから、長く使って頂くために素材から考えました。

バスボートビーチパラソル

コンパクトな設計

便利だからと言って保管にかさばると嫌ですよね?

ビーチパラソルのシャフトに付けたままでもロッドストレージ等に収納できます。最小限の大きさにとどめて作りました。

全長は370mmほどです。

水が溜まらない

シートポールベースへの挿し込み部分もパイプにすることにより、ソケット内に水が溜まりません。

バスボート用ビーチパラソルソケット

ボートにパラソルを挿してみる!

大成功!固定強度や高さ的にも満足な仕上がり、これでバッチリ固定が出来ました。装着写真はアルミボートですが

パラソルソケットは2種類

◎ シートポール穴19mm用
アルミボートやバスボートで一般的なポールポスト用

◎ シートポール穴45mm用
レンジャーなどのポールごと挿さるタイプ用。

パラソルソケット説明

ボートのシートポールベースは、19 mmと45mmになってますが…
シートポールは、無理やり挿し込むと抜けなくなります。
なので…パラソルソケット完成品は、ポール挿し込み部分19mm用17.3mm・45mm用43.4mmと少し小さめにしてあります。

パラソルソケット

微調整の方法

◆ 差し込みシャフト部分は、抜けなくなるのを防止するため少し細くしてあります。
ガタつきが気になる方は、写真のようにビニールテープなどで微調整して下さい。

パラソルソケット

《 使用パラソル 》

ご使用になられるパラソルのポールサイズは26mm~29mm対応になっています。

ボート パラソル

バスボートビーチパラソル

バスボートパラソルソケット

バスボートパラソルソケット19mm用    ¥8100税込み

バスボートパラソルソケット45mm用    ¥8100税込み

 

ご注文はこちら↓↓↓

パラソルソケット注文フォーム

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加