バス釣り 針の種類

  • LINEで送る

バス釣り 針

バス釣り用の 針にも様々な形があり分からないって方も多いと思います。
ここでは、その代表する針の形とワームの付け方を解説します。

バス釣り 針の種類

バス釣りでは、釣り針=フックと言います。
フックは大きく分けて、3種類のタイプに分かれます。

マスバリ

もっとも小さな種類のフック、ワームの取り付けは〔縫い差し〕または〔ちょん掛け〕と言われるものが基本。

ストレートフック

針先がワームに隠れるようなセットが基本。
3種類のなかでは、もっとも根掛かりが少ないが強めのフッキング(合わせ)が必要。

オフセットフック

もっともポピュラーなタイプ。
アイ部分がクランクしているため、ワームがズレにくい。

マスバリ ワームの付け方

縫い差し

ちょん掛け

ストレートフック ワームの付け方

ワームのズレ防止のためにキーパーと言う突起があるものは、長さを測り斜めに貫通します。

180度回転させて刺す位置を確認。

ワームは針先が隠れるようにセット。

オフセットフック ワームの付け方

L字に曲がったクランク部分を90度回転させ一度針先を出します。

ワームとの長さを測りワームを貫通します。

飛び出した針先をもう一度、ワームに隠します。

基本的なオフセットフックへのワーム取り付けはこの方法ですが、実はオフセットフックにも様々な形があります。

マスバリに関してもガード付きなど種類が沢山発売されていますので、また、各タイプごとの記事も書きたいと思います。

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー