バス釣り 糸の太さ

  • LINEで送る

糸の太さ

バス釣り 糸の太さ

バス釣りでは糸=ラインと呼びますが、どれくらいの太さを選ぶのか?最初は迷うと思います。
ここでは、選ぶ基準考え方の説明をしていきたいと思います。

糸の太さ 号数

糸の太さの表記(単位)には、号数とポンド数(lb.)があります。
バス釣りでは、ライン=ポンド数(lb.)を使います。
その他の釣りでは、号数表記が基本になります。

糸の太さ単位 号数とポンド数

ポンド数とは糸の強さを表します。
例えば、1号=4lb.→強さが1.8kgと言うことです。

《号数》  《ポンド数》
0.8号         3lb.
1号            4lb.
1.5号         6lb.
2号            8lb.
2.5号        10lb.
3号           12lb.

基本的な太さの選び方

ラインの種類には、ナイロン・フロロカーボン・PEと代表的なものが3種類ありますが…今回はナイロンラインフロロカーボンライン基準にします。

スピニングタックル6lb.までベイトタックル7lb.以上ここら辺が各タックルのラインの太さを選ぶ境目になります。
(特殊な釣り方は別です。)

当然、タックルのバランスもありますが…

◎ スピニングタックル→基準4lb.
◎ ベイトタックル→基準12lb.

◆ これはあくまでも推奨基準です。

先ずは、この推奨の太さで始めてから、自身の良く使うルアー釣り方細くするのか?太くするのか?考えてみた方が良いでしょう。
(使用するラインは、細ければ細いほど飛距離・操作感 ともに向上します。)
どちらにしても、基準がないと判断できないですから。

ライン選び

ナイロンライン

まったくの初心者の方でスピニングタックル、ベイトタックル共にキャスト『まだまだできていない。』 という方には、ナイロンラインオススメします。
何故なら、ナイロンラインはフロロカーボンラインよりしなやかで、扱いやすいし、バックラッシュした時にラインが折れたり傷んだりしたら、【高切れ】と言って【傷んだ部分から切れる現象】はフロロカーボンラインの方が確率が高いからです。
ナイロンラインの方が【高切れ】しにくいので、キャストが上手になるまではナイロンラインで練習するのをオススメします。

ナイロンライン

◆ ナイロンラインよりフロロカーボンラインの方が優れてるという意味ではありません。
それぞれに特性があるという事です。

VARIVAS フィールドレポートの参考記事はこちら↓↓↓(画像をクリック)

バリバス

過去の参考記事はこちら↓↓↓(画像をクリック)

バス釣りのラインについて

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加
  • LINEで送る

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー