バス釣り タックル

  • LINEで送る

初心者 タックル選び

バス釣りを始めるためには、まずロッド・リールと言ったタックルが必要になります。
(バス釣り用語で ロッド+リール → タックル と言います。)

タックルの基本は二種類。
◎ ベイトタックル
◎ スピニングタックル
ベイトリールを使うのか、スピニングリールを使うのかでロッド選びも違ってきます。

ベイトタックル

バス釣りと言えば、ベイトリールを使うイメージが大きいのですがルアーを投げるのに少々慣れが必要になります。
(バス釣り用語で ルアーを投げる → キャスト と言います。)

スピニングタックル

スピニングリールを使うのは、ベイトリール比べたら難しくはありません

どちらを選択するかは、自由ですが…
ベイトタックルを使えるようになったほうが幅広くルアーを選択できます。
簡単に説明すると、スピニングタックル軽く小さなルアー向き
一方、ベイトタックル軽く小さなルアーには向いてませんが、その他ルアー全般を使いこなせます。

理想は、ベイトタックル・スピニングタックル共にあるほうが釣り方の幅が広がります。

ロッド選び

今からバス釣りを始める初心者の方はどのようなロッドにするか?
いろいろなメーカーがあり、種類も沢山。。。
『何を選んで良いのか分からない。』ってなると思います。

ロッドの硬さ表示

UL (ウルトラライト)
L (ライト)
ML(ミディアムライト)
M (ミディアム)
MH(ミディアムヘビー)
H (ヘビー)
XH (エクストラヘビー)

上から下になるにつれて硬くなります。

最初のタックルとしてのオススメ

ベイトロッドなら、6フィート~6.6フィートぐらいまでの長さの M(ミディアム)アクションを選びましょう。

スピニングロッドなら、6フィート~6.6フィートぐらいまでの長さの L(ライト)アクションを選びましょう。

まずは、最初のタックルがないとバス釣りは始まりません。

オススメがざっくりしすぎに思うでしょうが…
これには、しっかりとした理由があります。

僕も歩んできた道

もうかなり昔の話しですが、まだまだバスフィッシングが今みたいに盛んではなかった頃。
親が僕の誕生日に買ってくれた、初めてのバスタックル

当日、唯一の情報 『ルアー釣り入門』教科書にしながら、いつかブラックバスを釣りたいと…
このタックル1つでいろいろなところへ行きました。
最初は、投げるのもなかなかできない状態バックラッシュ直してばかり。。。

やがて時が経ち、そこそこバスを釣れるようになった頃…
もっといろいろな釣り方をしたくて、このタックルで凄く重たいルアー凄く潜るルアーなど、今考えたらかなり無茶をしてました。
しかし、タックルが1つだけだったから覚えれた感覚

つまり、1つのタックル使い込むことにより使用するルアーの重さなどの限界が体感わかったこと。

なので、オススメがざっくり

◎ ベイトロッド・6フィート~6.6フィート・M(ミディアム)アクション
◎ スピニングロッド・6フィート~6.6フィート・ L(ライト)アクション

ということです。

リール選び

ベイトリール

ベイトタックル避けては通れないのが《バックラッシュ》です。
しかし、最新のリールにはバックラッシュしにくい機能がついているのでオススメは、ダイワならSVスプール付きのもの、またシマノならDCといったものになります。

※ スプール (糸巻き量)深溝タイプ (巻き量が多い) ものがオススメです。

スピニングリール

正直、スピニングに関しては2000番・2500番と言う大きさの表示のものを選べば良いでしょう。
ドラグ性能とかもありますが、最初のリールはそんなに高価なものでなくても良いでしょう。

まずは、初めてのタックルを手にしていろいろとトライしてみて下さい!

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー