トップウォータールアーの種類

  • LINEで送る

トップウォータールアー

トップウォーターとは → 水面に浮くルアー
または、水面で使うルアーのこと。

トップウォーターの魅力

水面に出るバスの食らいつく姿に魅了され、トップウォーターのみを楽しむアングラーも多い。
しかし、トップウォータールアーの種類の中でも少し変則的でそのままでは沈むようなルアーも水面で使うことがあります。(ノーシンカーワームなど)

トップウォーター種類

◎ ペンシルベイト
◎ ポッパー
◎ ノイジー
◎ スイッシャー
◎ クローラー( 羽根物系 )
◎ サーフェイス クランク
◎ バズベイト
◎ ノーシンカーワーム

代表的なトップウォーターの種類になります。
では、各タイプの違いを説明していきます。

ペンシルベイト

ペンシルという名の通り、ストレートなボディーのルアー。
特徴的な動きは【ドッグウォーク】というアクション。
犬が散歩の時に、左右にキョロキョロとする仕草から名付けられたらしい。。。(説)

ポッパー

魚がパックリと口を開いたイメージが特徴的なルアー。
ラインを結ぶアイの部分にカップと言われるものがあり『ポコッポコッ』っと水を押し、音とアクションで誘う。
このポップ音は、ベイトフィッシュ(小魚)がバスに食べられる音に似ており他のバスにアピールできる。

ノイジー

ノイジーとされる代表的なルアーが【ジッターバグ】
アイの部分に、独特な形状のパーツがついており、ただ巻きでゆらゆらと水を押し、波立てながら泳ぐのが特徴。
ナマズに効果があるルアーとしても有名。

スイッシャー

ルアーの前後にプロペラが付いており、巻くだけで『シャラシャラ』と回り音と水流でバスを誘う。
前後にプロペラが付いているものをダブルスイッシャーと言い、後ろだけのものはシングルスイッシャーと言う。
また、ペンシルベイトにシングルスイッシャーやポッパーにシングルスイッシャーなどのルアーもある。

クローラー( 羽根物系 )

左右に張り出した羽根のようなパーツにより、クロールするようなアクションを演出。
移動距離も少なく、スローアクションで誘うのが得意なルアー。
代表的ルアーは【クレイジークローラー】
現在では、各メーカーから様々なタイプ、大きさが出ており羽根物と呼ばれいる。

サーフェイス クランク

潜らずに水面を泳ぐクランクベイト。
小さなリップが付いており巻くだけでボディーを左右に振りながら水面でアピールできる。

バズベイト

スピナーベイトに似たようなルアーですが、スピナーベイトのブレードに対し、バスベイトはプロペラがついていて水面で『シャラシャラ』と回りながら音をたてる。
そのままだと沈むルアーなので、キャスト後直ぐに巻き始める使い方をする。

ノーシンカーワーム

ワームもトップウォーターとして使える。
フローティングワーム(水面に浮く素材でできているワーム)はもちろん、代表的なのは【グラブ】のグラビングバズといった使い方。
水面ギリギリをバズベイトのように、ゆっくり巻いてくる方法。
また、ワームの中央にワッキー掛けし水面で操る方法を【ピクピク】と言う。
虫系ワームを枝に引っ掛け『チョンチョン』と誘うテクニックもトップウォーターの種類。

特別なトップウォータールアー

ビッグバド

巻くだけで大きく左右に首を振り、テール部分に付いているブレードの音で誘う。
独特な形状のルアーで、ビールの缶をモチーフとして作られてるのも特徴的なルアー。

ピクピク系

ワームで使う【ピクピク】をプラグ(プラスチックルアー)でできるように作られたもの、よりリアルな弱った魚を演出できる。

◆ 他にも種類分けできないようなルアーは沢山ありますが、水面で使うもの全般をトップウォーターと呼びます。

 

2929Works オンラインショップ(画像をクリック)↓↓↓

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー