バスの釣掘りにチャレンジ ~前編~

  • LINEで送る

水藻フィッシングセンター田中次男

大阪にブラックバスの釣り掘りがあるらしい、、、、。

ひょんな事からそんな噂を聞きどんな所か気になっていたのです、

WEBサイトが在るようなのでネットで検索すると、こんなサイトが出てきました。↓

水藻フィッシングセンター

ブラックバスをため池に放流し釣り掘りにしているようでした。場所は貝塚、確かに大阪です。

オリジナルワーム等を使うのに丁度良さそうだと思い。

気になるので、友人と二人で行ってみる事にしました。釣りに向かう道中こんな話が、、、、。

 

友人 「バスプロなんですから、釣堀とかなら楽勝で大物釣れますよね?」

 

次男 「えっ?まっ、まあ釣れるかな?一通り試せば、、、、。」

 

友人 「小さいのは沢山釣れるみたいなんで、大きいのチャレンジしてくださいよ?50UPとか!」

 

次男 「数釣ればまざるでしょ!」

 

こんなむちゃ振りに答えてしまいました!ちょっと大きい事言い過ぎたのです、、、、。

なにしろ初めてのポイントに関して前もっての情報はほぼ無い状態でした。しかも道具も限られている、、、。しかしやるしかない!

水藻バス釣り 田中次男

田中次男 水藻フィッシングセンター

タックルを準備

野池などで使えそうなオリジナルワームも一通り持ってきました。これで大体のシーンをカバーできるのでは?

田中次男オリジナルワーム

まずはポイントを見て回る

ため池を縦断するように、一本の長い桟橋が在りそこから釣りをすることになります。

細い足場を渡ると、メインの桟橋にわたれます。

水藻フィッシングセンター

すぐ横には、いかにもバスが居そうな流れ込みが、、、、。

足場、縦ストラクチャーの釣り方

岸から浮き桟橋に降りてくる足場の横には、魚を放流するための滑り台が設置されています。これらを固定するのに使っている単菅パイプは絶好のストラクチャーになります。
足音などに気をつけながら、静かになったタイミングでノーシンカーやネコリグ・スモラバなどをタイトに攻めてみます。
最初に釣れなくても、何度か入り直し攻めてみる価値のある場所です。

水藻フィッシングセンター

流れ込みの釣り方

流れ込みなのか?流れ出しなのか?は分かりませんが、当日は水が動いてる気配はなかったです。しかし、普段この池でもっとも水が動く場所になることは明確。バスはこういうところを好む習性があるので一等地と言えるでしょう。
一番気になるのが、人口的に作られたコンクリートトンネル内とサイドの壁にできてるシェード。
浅そうだし…距離も近いので、スローにアプローチできるノーシンカー。
次に考えられるのは、水が動く場所ならコンクリートトンネルの沖にはミオ筋のような地形変化があるはず…このような場所は、ボトムを意識できるネコリグなどを使用します。
また、水深があればダウンショットも有効です。

水藻フィッシングセンター

浮き桟橋まわりの釣り方

対岸まで繋がっている長い浮き桟橋ですが、池の中央部分が一番水深があると推測できます。なので、岸に近い側から沖へ順に、ミノーやシャッドを水深に合わせて浮き桟橋と平行に探っていきます。
それで反応がなければ、浮き桟橋の下にサスペンドしている可能性があるので、ノーシンカーをスローに落としていく事と、ジグヘッドで浮き桟橋の真下で中層シェイクしてみます。コツはよりタイトに攻めるため足音などに気をつけましょう。

水藻フィッシングセンター

ブッシュ&シェードの釣り方

岸沿いは、魚が回遊してくる可能性が高く、そこにブッシュなどのストラクチャーがあれば一級ポイントになります。しかし、ブッシュなどのストラクチャーに対して、タイトにルアーを入れる必要があります。
根掛かりが多い場所なので、遠投できる高比重ワームにウィードレス性の高いオフセットフックを使います。基本的にノーシンカーをブッシュ際に落としてしばらく待つぐらいのペースで移動しながら攻めていきます。

水藻フィッシングセンター

コンクリート護岸釣り方

一見変化のないコンクリート護岸ですが、目で見えない水中に石などが転がり落ちたりしていてストラクチャーになっている可能性があります。
先ずはスピナーベイトなど根掛かりの少ない巻物で底の様子をみながら狙います。
根掛かりが少なければ水深に合わせたクランクベイトも有効です。
次に…護岸の角地など、目で見て形の変わってる場所をピンスポットで狙う方法は、できるだけ根掛かりの少ないライトリグになります。
早朝やローライトの日は、トップウォーターから始めるのも良いでしょう。

水藻フィッシングセンター

ポイント全体の配置

ジップベイツ トリックシャッド70SP

最初は桟橋際を釣ってみる。

足音に気をつけつつ、テンポ良くタイトに桟橋際にルアーを通していきます。

朝一と言う事もあり、早速本日の1本をキャッチ!

水藻フィッシングセンター田中次男

ポロポロとは釣れるものの、、、。

後が続きません、地元アングラーの方にも伺ったのですが、今日はかなり渋いのだとか、、、。

今日の目標は50UPですから、なにかパターンを見つけないと!

釣り掘りなので簡単につれると思ったらなかなかむずかしい。

田中次男 水藻フィッシングセンター

田中次男 ダウンショットリグ

色々な釣り方を試す

ダウンショットをしてみたり、、、、。ノーシンカーを試したり、、、、。ブッシュ際をサーチ、、、。今度はボトムを探り、、、。

ググってみたり、、、。フェイスブック投稿してみたり、、、、。

田中次男携帯をさわってみたり

田中次男 水藻

大ピンチ!どうする?

早くもピンチ到来、どうしましょう?なかなか口を使ってくれません。アベレージサイズが25cmなので50UPを釣るのは

何か考えないと、、、、、、、、、、。

 

後編につづく、、、、、、、、、、。

 

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加