レンタルボートの活用法

  • LINEで送る

レンタルボートエレキのみ使用可能な湖

有名なところでは、亀山ダム・津久井湖・入鹿池・銀山湖・津風呂湖など…

他にも沢山のエレキのみボートフィッシングが可能な湖が沢山あります。

このようなフィールドでいかにボートフィッシングを楽しめるかを説明していきます。

 

手漕ぎタイプのレンタルボート

ベースとなるのが手漕ぎタイプのレンタルボートです。

約¥3000~¥4000程度 / 1日

ボート料金的には、格安になりますが、エレキや魚探などの装備は持ち込みになります。

レンタルボートセット

◎ フットエレキ
◎ ハンドエレキ
◎ バッテリー (充電器)
◎ レンタルデッキ (バウデッキ)
◎ 魚探
◎ 脚立などの座るもの (キャスティングシート)
◎ ライブウェル (トーナメントでは必要になります。)

上記セット全て必要ではありませんが、このレンタルボートセットを一通り揃えると、様々な湖でバスボートのように釣りが楽しめます。

ハンドエレキ

手漕ぎタイプのレンタルボートなら、ハンドエレキだけでも釣りは楽しめます。

ハンドエレキ価格

ポンド数 (馬力) によりますが…

約¥15000~¥30000程度

しかし、バッテリーとバッテリー充電器が必要になります。
ポンド数 (馬力) が小さい場合は、12V/バッテリー1個ですが、ポンド数 (馬力) が大きくなると24V/バッテリー2個になります。

バッテリーとバッテリー充電器価格

メーカーにより多少差はありますが…

バッテリー1個・約¥12000程度。


バッテリー充電器・約¥25000程度。

セット価格・約¥30000程度。

◆ セットで購入される方が多少お買い得です。

 

フットエレキ

フットコントロールのエレキの場合は、エレキ本体と手漕ぎタイプのレンタルボートに取り付けるためのレンタルデッキ (バウデッキ)というものが必要になります。

フットエレキ価格

こちらもハンドエレキと同様に、ポンド数 (馬力) により価格が変わります。

約¥80000~¥200000程度
(最新のスポットロック機能付きエレキ以外)

◆ 価格差がありますが、使用に適したものをお選び下さい。

レンタルデッキ (バウデッキ)価格

ウッド製からFRP製まで様々ですが、使い方はフットコントロールのエレキをレンタルボートに固定するものです。

約¥5000~¥20000程度。

魚探

魚探に関しては、コンパクトな簡易的なものから、GPS・ストラクチャースキャンやライブスコープなどの最新機器まで価格的には幅が広いです。

◆ 場所や目的にあった魚探をお探し下さい。

脚立などの座るもの (レンタルボートチェアー)

小型ボートですので、移動中などは座れるものがあれば便利です。
専用のキャスティングシートを取り付ける場合は、別にフロアデッキが必要になります。

脚立はホームセンターのものでも使えますが、レンタルボート専用のものも販売されています。

約¥2000~¥10000程度

フロアデッキ

足元に取り付けるデッキ。
フットエレキコントローラーがぴったり収まるリセストレー付きもあり、より安定して釣りがやり易くなります。

約¥30000~¥40000程度

ライブウェル

トーナメントでは必要になりますが、釣った魚をレンタルボート屋さんで計測したい時などに使います。

ベースとしてクーラーボックスを使用し自作される方が多い。

◆ レンタルボート店によっては貸し出しや販売などもあります。

その他の装備

手漕ぎレンタルボートを更に、バスボートのようにグレードをあげるデッキキットなども販売されています。

ここまですれば…楽しめますね。

レンタルボート ワイヤーラップ

レンタルボートキットを持っていれば、様々な湖のレンタルボートにセッティングして自由に釣りが楽しめます。

バス釣りのボート関連記事です。↓↓↓

バス釣りのボート事情

ジョンボート

トレーラーけん引のアルミボート

人気の小型ボート

一度はオーナーになりたいバスボート

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー