ライブウェル蓋の修理

  • LINEで送る

ライブウェル蓋

小型ボートでよく使われている、このライブウェルの蓋。
商品名は【アクセスハッチ】というらしいです。
ライブェルの蓋としか呼んでなかった。。。

ライブウェル蓋あるある…

この蓋は、よく割れます。。。
(この商品を悪く言う訳ではありません。)
使いやすいし、良い商品だから多く使われてるのもわかりますが…
割れるのが…あるあるなんです。。。

大体、ボートのデッキ上にあり移動するのに、無意識に踏んで割れるケースがほとんどでしょう。

トーナメント会場などでも割れたままのボートオーナーの方をよくみますが、水面に浮いてるボートの上でつまづいて転けたら危険ですよ!

こんな感じで割れてます。

黒田健史の「いろはにほへと」より写真拝借させてもらいました。
黒田プロ、勝手にすいません。

不意に踏んで割れた。。。

僕も同じく、釣りの最中に不意に踏んで割れました。
しかも、開ける部分や取っ手まで…
正直、新しいのを付けた方が良いかなとは思いましたが…
取り替えてもまた割れたら危ないし、補強を入れて修理してみることに挑戦!

アルミで補強

修理の方法は、いろいろと考えられますが、まずアルミ材(この字)で補強。
樹脂のリブをカットし、リベットで補強しました。
想像より強くなり、割れる心配はないでしょう。

チョウバンを利用

蓋を開ける時に可動する部分?もアルミ材とステンレスのチョウバンで制作。
目隠しにアルミ板を付けて完成!

取っ手も壊れた。。。

取っ手もしっかり収納してない状態で踏んでしまって壊れました。
これは、部品で入手できるので交換。

新しく取っ手を付ける際は…

横からピンを差して取り付けるタイプなので、新しくこの取っ手を取り付ける際は、ピンの両端から瞬間接着剤などで固定することをオススメします。
ピンが飛び出し引っ掛かり、取っ手が回転しなくなるのも、あるあるなんです。

修理完成!

そんなこんなで一応修理は完成しましたが…

アレを付けます。

ライブウェル ベンチレーションシステム V-12
この黒い丸い物です。
これを付けることで強度はさらに上がりました。

◆ ライブウェルの蓋が、割れたままのオーナーの皆さん。
足が挟まったり、転んだりしたら危ないので、是非参考にして修理してみて下さい。

ライブウェル ベンチレーションシステム V-12

ライブウェル用換気システムの記事はこちらから↓↓↓(画像をクリック)

ライブウェル換気システム

2929Works オンラインショップ(画像をクリック)↓↓↓

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー