バス釣り 糸の結び方

  • LINEで送る

釣り糸結び方

バス釣り 糸の結び方

オススメ結び方2選

バス釣りを始める時、まず最初に覚えなければならないのが糸の結び方です。
バスフィッシング用語では…
糸の結び方 = ノットと言います。
ノットにはいろいろなものがあり、◯◯ノットと糸のくくり方で名前があります。

代表的な結び方

◎ ユニノット
◎ パロマーノット
◎ ハングズマンノット
◎ クリンチノット
◎ ダブルクリンチノット

種類が沢山あり、どれが良いのか?
疑問に思われる方も多いと思いますが、まずオススメするのが簡単なユニットです。

◆ ユニットは様々なルアーやリグに対応できますので、まず覚えておきましょう。

ユニット

まずラインを通します.

通したラインとメインのラインを2本持ち外側に輪を作ります。

最初に持った2本のラインに巻き付けるように輪の中を通します。

これを4回繰り返しゆっくり締め付ければ完成です。

◆ もう1つのオススメノットはパロマーノットです。
こちらも簡単に結ぶことができ、強度に優れています。

パロマーノット

まずアイにラインを通したら、もう一度戻すようにラインを通し返します。

糸先と元糸を持ち、通し返した輪をクロスさせます。

クロスさせたら輪の部分にアイを通し、糸先と元糸を持ち均等に締め付ければ完成です。

ノット別の用途

ユニットは多様性がありハードプラグから、ダウンショットなどのリグ作りまで対応します。
一方、パロマーノットはジグヘッド・ラバージグなどのジグ系やテキサスリグ・フリーリグ・ジカリグ(スルーリグやパンチショット)など、直接フック部分に結ぶ時に使います。

ノットの強度や種類

ノットによる強度の問題ややり易さなど、使う方々の意見が違ったりもしますし、特殊なリグや特殊なルアーを使う時にまた違ったノットを使用したりしますが…

今回紹介したユニット・パロマーノットをマスターしていれば、バス釣りにおける全てのルアーに対応できます。

是非、マスターしてみて下さい。

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー