スナップの使い分け

  • LINEで送る

バス釣り スナップ

ハードルアーのスプリットリングを全て外し、スナップを使う人もいてますが…
スナップを使うのが、どう有効かを検証してみたいと思います。

スナップの利点

スナップにチェンジする利点は、ズバリ!ルアーチェンジの早さです。
場所にあったルアーが思い立った瞬間、またカラーチェンジなど結び直すよりスムーズに早く作業ができます。

スナップの欠点

特に最初からサスペンド設定されてるルアー、ミノーやシャッドなどは最初から付いているスプリットリングの重さを計算に入れ開発されています。
そこに、重さの違うスナップを使うとどうなるでしょう?
シンキングになったりフローティングになったりしますよね。
(スナップ自体の重さも理解して使ってる人は別です。)
一度結んだスナップでいろんろなルアーを使うと言うのは、一部のルアーではメリットになっていない部分もあると言うことです。

ラインブレイク

スナップでいろいろなルアーを使うと、結び直しをすることが減ります。
正直、結び直すタイミングは難しく…
大きな魚が釣れた後や、根掛かりでロストした後になります。

一方、スナップ無しで直接ラインを結ぶ人はルアーチェンジやカラーチェンジの度に新しい結び目になります。
新しい結び目になる頻度が高いほど、ラインブレイクは減る可能性が高くなります。

僕は、ルアーや場所により使い分けするタイプですが…
皆さんはどうでしょうか?
スナップのメリット/デメリット
それを踏まえて一度考えてみて下さい!

2929Works オンラインショップ(画像をクリック)↓↓↓

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加
  • LINEで送る

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー