10月18日 NBCチャプター琵琶湖 最終戦 参戦記

  • LINEで送る

10月18日 NBCチャプター琵琶湖 最終戦 参戦記

VAGABOND CUP

最終戦はスポンサー様でもあるVAGABOND CUPなので頑張る気満々で参加!

朝から放射冷却で霧が発生。
スタートする頃には、霧はましにはなってましたが…
ローライトでプラクティスの時よりは暖かい。

本命のバス狙い

当然、朝一プラクティスで釣った2Kgオーバーを狙いに。
西岸アウトエッジ約2時間スピナーベイトをメインに展開。
このビッグが入るかどうか?で左右される今回の試合。
だが…前日からの冷え込みのせいか?
本来、確率の低い狙いだったのか?
結果的に釣れることなく、次への展開へ。。。

サブパターン

下物浚渫エリアでのヘビダンにシフト
プラクティスで釣れてた500g~600gを狙いに…
サイズは小さいが、リミットメイクの確率の高い釣り。

ヘビダンでも?

ポジションも狙いの水深間違いないのだが、全く反応がない
ノンキーパーを釣りながら、キーパーが混ぜる作戦も何かが違う

微調整に入る。

場所的に、絶対に居ている自信があったのでヘビダンからネコリグにチェンジ

ウィードエッジからブレイクに対してダウンヒルで狙うヘビダンのイメージでネコリグを…
一発目、ノンキーパーその後、5匹ほどノンキーパー。。。
しかし、ここでポジションの認識が変わる
ブレイクメインだった釣り方が、ウィードエッジの根っこ凝縮してバスがいる。

狙いが分かれば

4箇所で約40匹のバスを釣り、2匹キーパーと800gぐらいのバラシ。
結果的には2匹だけだったが、ノンキーパーを釣り続け1/10ぐらいの確率キーパーが混ざった。

もう少し早く気付けば

朝のビッグ狙いがハズレたのか?
正直、冷え込みで厳しくなってたのは間違いない。
ヘビダンのイメージも違ったのも、そのせいだと思う。

スピナーベイト

一段下げる。の意味

トーナメントは時間に限りがあるので、どこで?どんなタイミングで?作戦を変更するかもキーになってくる。

ビッグ狙いが不発だった場合、優勝を狙う釣りから、一段下げる
いわゆるサブパターンへ移行し、サイズは下がる確実に狙いに行く。
しかし、このサブパターンもまったく機能しない場合がある。
ここからは、更に一段下げる
更に一段とは…何としても1匹釣るという最後の展開
ここまでくると優勝なんて、叶わないが…
ここがキーになる。

空振り禁止の精神

ビッグを狙い続け、空振りしても?

僕はそうではない
限られた時間の中で、何としてもウェイインする気持ち切らさないようにしている。
今年のようにウェイイン率が低い時ほど重要なになってくる。

年間優勝への近道

今年の初戦は不参加だったため…その時点で、年間争いは考えてなかった。

しかし蓋を開ける年間6位
これは、上記に書いたウェイイン率の問題
5戦参加全戦ポイントを取ってるということ。
これが積み重なり年間争いのキーになる。

年間争いをしたい選手の方は、このポイントを落とさない手法を意識すれば確実に結果が出るはずです。

最終戦 結果

2匹・1100g・18位
年間成績・6位

最終戦成績

年間成績

最終戦ベスト5の皆さん

年間成績ベスト5の皆さん

お疲れ様でした。

今年は、大変なスケジュールの中…最終戦まで開催して頂いた運営関係者様ありがとうございました。
そして…参加された選手の皆様、お疲れ様でした。

プラクティス編↓↓↓

10月17日 NBCチャプター琵琶湖 最終戦 参戦記 プラクティス

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー