3月21日 NBCチャプター琵琶湖 第1戦 参戦記

  • LINEで送る

3月21日 NBCチャプター琵琶湖 第1戦 参戦記

イマカツCUP

湖上には霧が発生し、天候も不安定なことからトーナメント時間短縮のルール変更
短時間でエリアの見切りや釣り方を考えて行動しなければ。。。

朝一のポイント

スタートから目指したのは、プラクティスで手応えの良かった北山田テトラ帯へ。

何かが違う?

前日に比べ、水位が少し上がったのと水質が少し変わった。
表水温も若干低下気味。

見切るタイミング

全て流すには時間がかかるので、雰囲気のあるストレッチだけ攻めるが無反応
魚探には、魚の気配があるのに口を使わない
一瞬、ライトリグなら釣れるかも?と頭をよぎったが簡単ではないはずだし、トーナメント時間が短いので約1時間見切る

作戦変更

時間配分を考えれば、難易度は高い2~3Kgあるメス狙いに行くしかない。
過去の経験上、一日でメス3匹一度しか釣ったことはないが…
毎回1匹は釣ってる。

トリックシャッドの必殺技

この時期の赤野井 真珠棚に居てるメスはそんなに多くはないと思われるが…
イメージさえ出来ていれば、攻めきれる
まず、メスストラクチャーに対してサスペンドし静止してる状態ではないボトムから約30cmぐらい浮いてゆっくりとストラクチャー沿いを回遊しているイメージ

ここで重要になってくるのが…
縦ストラクチャーと水深とルアーの軌道の関係性

簡単に言えば、2.0m水深があるとすれば狙うレンジ1.7mになる。
その1.7m縦ストラクチャーリンクさせる方法。

フルキャスト2.2m潜るトリックシャッド1.7m通過タイミング縦ストラクチャーに合わせるのは、キャストの距離感縦ストラクチャーの距離感掴めてないと難しい

プロトカラー

待望の2Kgオーバー

10時待望の2Kgオーバーのメスが!
残り時間2時間ちょっと、このサイズならあと1匹釣れば4Kg越える

簡単ではない。。。

しかし、時間配分を考えるとやるしかない!攻めるしかない!

残り15分のチャンス

やはり、簡単ではなく時間だけが過ぎていき残り15分
釣れたストレッチを流そうとした時、昔経験した波動の違いの釣り方
オスクランクベイト波動極端に反応する時がある。
同じストレッチでもルアーの違いで、オス・メス反応変わることを思い出す。

ラストに?

ビースイッチャー2.0で攻め直し、ほんとのラスト1200gぐらいのオスが掛かるも…
強引だったのか、首を振られフックオフ

結果 2190g・1Fish・13位
(プロトカラーのトリックシャッド)

会場での写真

雨だったので、誰かわからない。。。

マリーナでの写真

スポンサー様ロゴ露出できなかったので取り直し。

状況が変わったことに対応ができなかったのと、前日が初釣りてプラクティス不十分だったと反省はしますが…
この1匹は、狙いの魚だったのは間違いない

※ 『釣れるかな?』と思いながら巻くのと、トレースライン魚の状態考えながら巻くのでは釣れる確率断然違ってきます

第1戦 ベスト5☆の皆さん

おめでとうございます。

次回は、4月25日『カスタムシートドットジェーピーCUP』
サポート頂いてるスポンサー様の冠なので、頑張って優勝目指します!

プラクティス編はこちら↓↓↓(画像をクリック)

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー