3月20日 NBCチャプター琵琶湖 第1戦 参戦記 プラクティス

  • LINEで送る

3月20日 NBCチャプター琵琶湖 第1戦 参戦記 プラクティス

初釣り?

トーナメント前日にして、初釣りとは…


少ない時間効率よく琵琶湖 南湖を見て回るために、東岸シャローエリアからチェック
水温は高いがリーズ周りの反応がない。

クランクベイト

早く見切りをつけるため、クランクベイトメインでリップラップ等をサーチ
下物内湖 真珠棚で一匹掛かるが、再現性の低いラッキーフィッシュ。。。

さらに南下

ざっくり、流すが反応無し
基本的にイメージとは違うので、冬に近い釣り方展開へ。

恒例のポイント

例年、冬の釣り方春バスが釣れる北山田テトラ帯へ。
トリックシャッド70SP『ゆるゆる巻き』で直ぐに1200gぐらいのバスが反応
明らかなオスで、2Kg弱ぐらいのもたまに掛かるが、アベレージ1200gぐらい。
リミット揃っても4Kgいくかいかないかのパターンだが、バックリミットにはベスト
サブパターンとして作戦に取り入れる予定。

南岸ミドルレンジ

南岸ミオ筋など2.5mレンジステージングバスを探すが、ウィードが例年より、少ないと言うか必要な所無い状態。
南岸のどこかに、条件の揃っている場所が有れば1200g~1500gリミットは、上記のトリックシャッド『ゆるゆる巻き』より手堅いが…

条件が揃わない

南岸の気になる場所を魚探チェックするも、ロッドを振るまでもなくダメな感覚
時期が少し早いのか?今年は条件が揃わないのか?は判断できなかったが、明日いきなり釣れだすはずはないので見切る

プラクティス終了

前日の限られた時間だったので、湖全体ざっくりと見ることしかできなかったが、必殺技は当日に!

来月のトーナメントには

南岸の条件釣り方の内容は、来月の第2戦可能性を感じてます。
その時に詳しく書こうと思います。

トリックシャッド プロトカラー

実は、このサブパターンが前回の記事で発表したプロトカラーだったのです。

前回の記事はこちらから↓↓↓(画像をクリック)

ジップベイツ

トリックシャッド70SP 『ゆるゆる巻き』 実釣ムービーはこちら↓↓↓

トーナメント本番編はこちらから↓↓↓(画像をクリック)

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー