ハンドポワードワーム シリコン型製作編

  • LINEで送る

オリジナルワーム作り

ハンドポワード シリコン型製作

<基本的な項目>
■ マスターモデル
■ シリコン型どり
■ワーム素材の流し込み成形

オリジナルハンドポワードワーム

シリコン型どり

完成したマスターモデルをシリコンで型どりしていく工程です。

2タイプのマスターモデル

<ハンドポワードワーム研究> 記事で掲載していた、2タイプのマスターモデルを使いシリコン型どりをします。

ワーム作り方

ハンドポワードワーム研究↓↓↓
https://tanakatsugio.com/original-worm/2019-7-10/

枠組み

シリコンを流し込む為の枠組みです。
これに使用するのが、一般的に売っているブロックです。
マスターモデルに合わせて大きさを自由に変えれるところが、非常に便利。

ビニールテープで固定

ブロックで作った枠組みは、写真のように固定します。
枠組みの補強と、隙間からシリコンが流れ出さないようにするためです。

カッティングマットと両面テープ

カッティングマットに両面テープを貼り付けます。
枠組みブロックの外側、枠組み自体も貼り付けるため、少し大きめにしておきます。

マスターモデル貼り付け

両面テープにマスターモデルを貼り付けます。

シリコン型の空気抜き

注意》マスターモデルの形状にもよりますが、細くなった部分や薄い部分には、ブラシガードを使い空気抜きを作ります。
これをしないと、ワームの形状が綺麗に流れなくなります。

枠組み貼り付け

マスターモデルと干渉しないように枠組みを貼り付けます。
注意》しっかり押し付けないと、隙間からシリコンが流れ出す可能性があります。

シリコン

今回使用するのが、信越シリコン KE-14
シリコンにもいろいろありますが、初めての方には、これがオススメ、一番使いやすいと思います。

シリコンかくはん【攪拌】

シリコンと効果材を指定の配合率で、かくはんします。
直ぐには固まらないので、確実に混ぜ合わせて下さい。

シリコン流し込み

枠組みへの流し込みは、一気にせず慎重にマスターモデルの隙間に入るのを確認しながら行います。

流し込み完了

流し込みが完了したら、必ず水平な場所に1日置いておきます。
注意》シリコンの種類によって硬化時間はことなりますが、できれば1日置いておきましょう。

マスターモデル外し

シリコンが完全に硬化したら、カッティングマットから剥がします。
この時、無理に剥がさず…リグロインやヘキサン、無ければパーツクリーナー等を染み込ませながらゆっくり剥がします。

型を整える

マスターモデルも取り出し終わったら、シリコン型の角や空気抜きの穴を簡単に、カッターナイフやハサミなどで整えるます。
注意》できるだけ水平になるように、型の突起部分をなくします。

シリコン型完成

整形(ワーム素材を流し込む)へ…つづく。

 

オリジナルワーム作り関連記事です。↓↓↓

オリジナルワーム作り

ハンドポワードワーム研究

ハンドポワードワーム マスターモデル製作編

ハンドポワードワーム シリコン型製作編

ハンドポワードワーム 流し込み成形編

 

LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加

↓オススメ記事一覧↓

2929ワークスオリジナルワームバナー

最新タックルバナー

琵琶湖釣果情報

バス釣りトーナメントバナー

バス釣り初心者バナー